このサイトについて
このサイトは 「夢を叶える不思議なメール」夢メル読者のためのブログサイトです。
夢メルの登録は無料!お手持ちのケータイからご登録ください。
携帯から登録するにはこちらから >>ケータイにURLを送信する


2006年03月18日

WBC、ガンバレ日本チーム

ご無沙汰です!元気ですか!

いつも夢メル http://yumeml.com
を応援いただきありがとうございます。

受験生の方から「夢メルのおかげで合格しました!」
なんていう嬉しい声も届いています。匿名希望さん、よかったですね!

さて、今日は燃え上がりつつあるWBC(ワールドベースボールクラシック)についてお話したいと思います。

韓国に連敗したことで
WBC、熱くなってきましたね。

アメリカはメキシコに負けちゃいました。マジでやってないのかな、と思えるシーンは具体的にあるわけではないけれど、アメリカの大メディア、CBSでもNBCでもABCでもCNNもメインはバスケ。March Madnessというそうです。NCAAが盛り上がってまして、現地ではWBCなんて単なるオープン戦扱いっぽいのです。ホームページを見るとそれがよくわかります。

「ああそう。やってたの?ふーん」みたいな感じで現地でも盛り上がってないっぽい。

 主催しているのはMLB。メジャーリーグだったんですよ、これ。

そのサイト http://mlb.com

をみますと、WBCの中継は、MLBのインターネットライブ中継MLB.TVを年間79.95ドル(1年で9000円くらいで見られる!えらい安いです。スカパに入るのがばかばかしくなる)のおまけ、になっています。
(ついでにいうと、オープン戦もおまけになってて全戦無料でみられる)ので、その点から現場も本部もマジでない単なる興行の1つと考えているように思われます。

悪評高い審判ボブデビッドソン(だっけ?)がなんで審判やってるのか、というと、メジャーリーグの審判組合と折り合いが付かず、WBCはマイナーで審判をやっている人がメインでやっているとのことです。選手だけでなく審判もシーズン前で怪我もしたくないからね。

ただ、国別対抗戦としてスタートしてみると、
各国、特に韓国が愛国心むき出しでやってきたため、途中から非常に暑苦しい大会、もとい、「燃える大会」になってきた、ということなのではないでしょうか。

当初日本チームだって
「儲からないのに怪我したら大変だよなあ、保証してくれるんかよ?」と編成に苦慮してたわけです。メジャーで人種差別にあっていた(らしい)イチロー選手だけが思いっきり最初から「負けるわけにはいかない!」って盛り上がってましたよね。

熱い韓国チームに影響されて、しかも負けちゃったもんだからここ数日よけいに頑張っているのがわかります。

団体競技って1人が空回りしちゃうと崩壊しちゃうケースが多いのだけど、韓国に連敗しちゃったことで、元々燃えていたイチロー選手から各選手に闘志が燃えあがりつつあるのがわかります。「怪我しないで、まあやりすごしゃいいか。いや、ベストは尽くすよ、ベストは。でもまあぼちぼち・・・」と思っていたような選手たちが「ここまで来たら!」とスイッチが入ったようです。

連敗がきっかけで、チームもそれに引きずられて、徐々に燃え上がりつつある、という感じで見ていて面白いです。

運がいいのか悪いのか、決勝トーナメントまで来たわけですよ。
ここまで来たらぜひとも優勝してほしいですね。

一方のやま、ドミニカvsキューバもめちゃくちゃすごいですよ。カリブの巨大海賊同士の戦いをみると、韓国に勝っても次勝てるのか、王さんはじめとするスタッフが戦力分析をちゃんとしているのか、考えてるのか心配です。

メキシコは最終アメリカ戦に8人の投手をつぎ込みました。短期決戦だし、最終戦だったから思い切り行ったんでしょう。さすがに細かい継投させられるとメジャーの強打者も打ち損じましたね。

王さんはそこまでできるかどうかです。

シーズン入って「WBCのおかげでうちのチーム、メチャクチャになった」なんて後から言いそうな11球団の監督さんたちの「かお」が浮かんじゃうとさすがの王さんも辛いでしょう。

ロッテのボビー監督はプレーオフからアジア選手権まで、とにかく勝ちに行く野球やってました。打順をいじり、継投で投手をつぎ込みました。阪神の岡田監督と対照的な采配でしたね。

自分のチームのことだからなんでもあり、で継投継投でやれたけど、「他チームの選手を預かって・・・」と気配りの王監督ですから思い切った采配がここまでできていないように思えます。(vsロッテとのプレーオフでもそうだったから動かないのが王スタイルなのかもしれません)

さてさて、対韓国戦。

6回まで上原が持てば・・・なんて考えてるのか、何が何でも勝ちに行く!と高校野球のように「負けたら終わりだから、大輔、お前も行け!と突っ込むのか」望むのか興味は尽きません。

「帰国後のシーズンちゃんとさせてあげなきゃ」と気配りを優先するか、韓国野球に負けたら日本のプロ野球の火が消える・・と考えるか、

これも計算もあるでしょうし、無理もさせられない。

決勝で負けるのは仕方ないにしても、韓国に3タテとなると、プロ野球自体
一気にマイナーに沈む可能性大です。シーズンに入っても「あんなに金もらってても韓国以下じゃん!」って4年間も言われ、客足に直接影響するでしょう。

そもそも野球人気が下がっちゃったのは、メジャーへ選手が行くようになったことにも一因があると思います。

それまでプロ野球。と独立してあったわけですが、野茂選手をはじめ、イチロー、佐々木、松井、シンジョウなど日本の一流選手が流出したために、


MLB−マイナー−プロ野球

という序列が日本人の心の中にできちゃったからです。

贅沢な日本人は、「プロ選手って言ったって所詮ローカルな話。メジャー以下でしょ?」「お金払ってまで二流の試合みるこたあないや」
って思い込んじゃったことです。

でもってWBC、参加したはいいけれど、ここで負けちゃうと、

MLB−マイナー−韓国野球−日本プロ野球

となってしまう。つまり、さらに地位が下がる→余計にファン離れ、
となるわけですよ。

MLBが「あれはあれ、オープン戦みたいなもんだから。負けたってそうヤイヤイ言うなよな」みたいな姿勢であったに対して、読売がたきつけて中途半端に参入したにもかかわらず、マジ勝負になってしまった日本チーム、ほんと、気の毒ですよ。

ババを引いたのは王さん、みたいな感じになっている。

韓国に勝てばすべてOkなのですが、負けたら戦犯ですよ。いや、表立っては言わないでしょう。しかも、その後のシーズンに、営業には影響するでしょう。ただでさえ営業的には野球は落ちている。それが加速する可能性もあります。

「何だよ、韓国以下のくせに「日本一」とか言ってるわけ?」
非常にヤバイのです。

バレーボールが人気なくなっちゃったのは、「昔は「東洋の魔女」なんていっていたけどもう日本は世界一にはなれそうもないよな〜」とわかっているからです。前回オリンピック予選やW杯では超人的ながんばりがありました。だけどアテネでは勝てそうというか、勝てる見込みがない。見込みがないものは応援しない、と日本人は結構はっきりしているんです。

昔は世界一だったのが追い越される。がんばってもがんばっても追いつけない。追いつける見込みがない。経済的にも豊かになる見込みが無い。そういう姿がわかってしまうと、モチベーションが下がります。残業しても残業しても給料が上がる見込みがない。サービス残業ばかり。文句を言えばクビになる。なんていう社会と似てますよね。そういう閉塞感を発散するためにスポーツを見るわけですが、スポーツでもそういう現実を見させられてしまうとツライですよね。だから人気がなくなる。

サッカーはまだ成長する可能性がみえます。

日本の上位概念として、ブラジルや欧州チームがあるのですが、後から参入しているわけで「追いつけ、追い越せ」という高度成長期のような勢いがありますよね。だからW杯も盛り上がるでしょう。「今は勝てないかもしれない。善戦で終わるかもしれないが将来はなんとか・・・」と将来に希望が持てるから応援できます。

でも、野球もバレーボールも追い抜かされ、ランクダウンしていく・・・となると、誰でも興味を急速に失います。

そういう意味でもある意味MLBが「鎖国」していたのは正解なんです。

価値が下がることをわざわざマジにやる必要ないわけだから。

完全なオールスターによる「ドリームチーム」を構成することなく、盛り上げるでもなく、オープン戦をやっている一方でWBCを開催し、「単なるオープン戦ですよ」と報道させることで、MLBの価値を下げることなく、韓国日本メキシコキューバドミニカなどから「喜ばせておいてしっかりがっぽり金を取る」というアメリカの戦略は相当したたかと思う私は勘ぐりすぎでしょうか。

でも、試合に入ると熱くなっちゃうんだよね。

がんばれ日本!勝って欲しいぞ日本チーム!


なんだか、今日は夢メルっぽくないエントリになってしまいました。

すんません(笑)。

posted by yumemaster at 16:55| Comment(1) | TrackBack(2) | スポーツ大好き! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
WBC優勝しましたね!よかった!ほんとよかった
。このエントリー記事を書いてからほんとに負けちゃったらどうしようとはらはらしてましたが、勝ててよかった、どころじゃあない。優勝ですよ。世界一。韓国相手に6−0.上原の気迫のこもったピッチングと、イチロー選手を中心に、コンパクトに振りぬく打球が飛びましたねえ。特にドメさん。やってくれた。中日ファンとしてはこれほどまで感激するシーンはなかったっす。決勝はキューバ相手に10−6.これは立派というか、ケチつけるどころじゃあない。すばらしい。チームジャパン本当にうれしいっす!感動をありがとう、という言葉は上っ面みたいですが、日本人でよかった!
Posted by 夢メル at 2006年03月23日 21:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15031870

この記事へのトラックバック

奇跡
Excerpt: 〓人気blogランキングへ〓 2006 WORLD BASEBALL CLASSIC      − Round 2 − 韓国2−1日本  負:杉内  本:西岡2号 “脱力感”のあま..
Weblog: 〓福岡ソフトバンクホークスが世界一に輝く日〓
Tracked: 2006-03-19 13:34

引退宣言?
Excerpt: 本当なの?
Weblog: 本質を見極めろ!
Tracked: 2006-04-21 06:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。